子供を中心とした家族のための
クリニック

お知らせ

2019.10.24

公費負担の乳児健診、予防接種を開始します。

大変ご迷惑をおかけしておりましたが、公費負担の乳児健診、予防接種の準備が整いました。
10/28から開始いたします。
B型肝炎ワクチンは不足しております。お電話でお問い合わせください。

2019.10.02

インフルエンザ予防接種

2019年インフルエンザワクチンを10月7日から開始します。
Web予約が可能となっております。
接種対象  生後6ヶ月以上。当院では高齢者インフルエンザ予防接種には対応できません。
接種料金  3500円(消費税別)
接種回数  こども(13歳未満): 2回(2回目は2-4週間後)
      13歳以上: 1回 受験生などで2回接種希望などの場合はご相談ください。

2019.09.24

新規開院のお知らせ

2019年10月1日(火)センター南に 新規開院。皆様が快適な生活をお送りいただけるよう、お役に立ちたいと考えています。どうぞお気軽にご来院下さい。
火曜は通常休診ですが、10月1日臨時に診療します。

ごあいさつ

私は2001年4月から18年間昭和大学横浜市北部病院に勤務をしていました。下痢や咳といった一般的な病気から世界に数例しか報告のない稀少疾患まで、健常児の健診から手術や移植、また治療法のない重篤な疾患まで様々な子供たちと関わってきました。専門は先天性心疾患や川崎病などを主とした小児循環器学ですが病棟医長としてあらゆる分野の子供たちにかかわってきました。
この間、予防接種や様々なガイドライン・薬剤により医療の姿は変化し、治療から予防にその主体が変わってきました。また長い年月により自分がかかわった子供たちが成人し親になった姿を見ることが増えてくるにしたがい、より地域に密着した医療を行いたいと考えるようになり開業をすることとしました。
また病院勤務時に感染管理にたずさわり、以前はこどもの感染症であった風疹や百日咳などに罹患する成人を目にすることがあり、こどもたちの健康のためには保護者の健康管理にも協力できないかと考えるようになりました。子供の成長のためには保護者の健康も欠かせません。
そのために子供を中心とした家族のための“親と子のクリニック”という診療体制を考えるようになり(具体的にはワクチンなどの感染症予防です。)、育児のサポーターとして利用してもらえるクリニックを目指します。
自分で解決できないことは18年間にこの地で培った人脈を生かし適切な医療を提供できるように他施設と連携していきます。

院長 曽我 恭司

院長 曽我 恭司

院長紹介はこちら
  • Features01

    2001年から都筑区の大学病院に勤め様々な子供たちを診療した経験を地域医療に還元します。

  • Features02

    専門は小児循環器内科ですが、保護者の方が安心して子育てできるように『育児のサポーター』を目指します。

  • Features03

    グリーンライン・ブルーライン「センター南駅」直結で通いやすい立地です。

そがこどもクリニック
診療科目
小児科・小児循環器科
住所
神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央1-2
センター南光ビル4F
電話番号

045-941-4976

WEB予約
アクセス
横浜市交通局ブルーライン・グリーンライン
「センター南駅」出口6直結
駐車場のサービスについてはスタッフにお尋ね下さい
診療時間 日・祝
09:00~12:00
14:00~15:00
(乳児健診、予防接種、心臓外来)
15:00~19:00

休診日:火曜・日曜・祝日
◎土曜:09:00~14:00
心臓外来は一般診療中も対応します。
乳児健診、予防接種は感染症の方と時間を分けております。